ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

経済学は人びとを幸福にできるか

著者:
宇沢 弘文 
出版者:
東洋経済新報社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
2003年刊の底本『経済学と人間の心』(四六版上製)の新装版。 著者は市場メカニズムや効率性の重視に偏った考え方を批判し、人間の尊厳や自由を大切にした経済社会の構築を訴えてきました。 実際、2000年代後半のリーマン・ショックや世界経済危機を経て、「人間が中心の経済」という思想はますます輝きを増しています。同時に、幸福な経済社会を作るうえで、経済学がどのような役割を果たせるかという議論が巻き起こっています。 新装版では底本の構成をガラリと変え、未公開の講演録2本を追加しました。さらにジャーナリストの池上彰氏が「『人間のための経済学』を追究する学者・宇沢弘文」と題して、解説を加えています。 ノーベル経済学賞候補と言われた世界的な知の巨人・宇沢弘文氏が、温かい言葉でその思想を語った、珠玉のエッセイ集です。
著者紹介
宇沢弘文(うざわ・ひろふみ) 東京大学名誉教授。日本学士院会員。1928年生まれ。東京大学理学部数学科卒業、同大学院に進み、特別研究生。 1956年スタンフォード大学に移り、同大学経済学部助教授、後にシカゴ大学教授。 1969年東京大学経済学部教授。1997年文化勲章受章。 成田空港問題、都市問題、地球温暖化問題にも取り組む。
出版年月
201310
ページの上部へ