ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

やっぱりアメリカ経済を学びなさい - 世界経済はアメリカを中心に動く

著者:
小野 亮 
出版者:
東洋経済新報社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
知らなきゃヤバい! アメリカは日本経済の救世主? 2013年の円安はアベノミクスだけではありえなかった?? 相変わらず「日本や世界経済はアメリカ次第」、なぜか? ……せめてそのくらいの雑談はできるようになりたい。 「アメリカ経済が立ち上がろうとしている?」時系列で近年のアメリカを押さえる第1章、 どうしても目が行く政治の話は第2章「アメリカはオバマで変わるのか?」、 通貨戦争を恐れる前に基本を知る第3章「ドルはどうなる? これからの通貨の話」、 それでも強い産業・ビジネス界は第4章「成長の基盤は実のところ失われていない?」 答えが、ここにある。
著者紹介
小野亮(おの・まこと) 市場調査部主席研究員/シニアエコノミスト 1990年、富士総合研究所(当時)入社。1998~2003年富士総合研究所ニューヨーク事務所(2002年よりみずほ総合研究所)。帰国後、経済調査部を経て現職。専門は米国のマクロ経済、金融政策、財政政策の分析・予測。欧米経済チーム総括を兼務。 安井 明彦(やすい・あきひこ) 政策調査部長 1991年、富士総合研究所(当時)入社。1997~2000年在米国日本大使館専門調査員、2000年~2003年富士総合研究所(2002年よりみずほ総合研究所)ニューヨーク事務所。国際調査部、政策調査部等を経て、2007年~2012年みずほ総合研究所ニューヨーク事務所長。2012年より現職。専門は政策・政治を中心とした米国一般。
出版年月
201305
ページの上部へ