ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

音律と音階の科学   -ドレミ…はどのように生まれたか- 新装版

叢書名:
ブルーバックス B-2060 
著者:
小方 厚 著 
出版者:
講談社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
なぜ音楽は音をデジタル化し、「ドレミ…」を使うことにしたのか。なぜ特定の和音は心地よいのか。紀元前6世紀のピタゴラス研究から始まる音律の進化をたどり、簡単な数学にもとづく音楽の「心地よさ」の秘密を解き明かす。
分類
761.12
著者紹介
1941年東京生まれ。名古屋大学プラズマ研究所(現・核融合科学研究所)、広島大学などを経て、高エネルギー加速器研究機構(KEK)名誉教授。共著に「視て聴くドレミ」など。
出版年月
2018.5
ページ数
270p
注記
2007年刊の改訂
件名
音律 音階
ページの上部へ