ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

クジラの鼻から進化を覗く

叢書名:
シリーズ・遺伝子から探る生物進化 1 
著者:
岸田 拓士 著  斎藤 成也 監修  塚谷 裕一 監修  高橋 淑子 監修 
出版者:
慶應義塾大学出版会
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
始新世のわずか1000万年程度の短期間で、劇的に姿を変えたクジラ。その変化の裏側で、どのようにゲノムが進化したのか。小笠原から極北アラスカ、南太平洋バヌアツまで、嗅覚をキーワードにクジラの進化を追いかける。
分類
489.6
著者紹介
<岸田 拓士>1976年生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。同大学野生動物研究センター特定助教。
出版年月
2016.2
ページ数
9,123p
件名
くじら(鯨) 進化論
ページの上部へ