ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

植物の世代交代制御因子の発見

叢書名:
シリーズ・遺伝子から探る生物進化 3 
著者:
榊原 恵子 著  斎藤 成也 監修  塚谷 裕一 監修  高橋 淑子 監修 
出版者:
慶應義塾大学出版会
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
著者が植物の発生進化の研究を志すようになった経緯と、発生進化研究者の目標となった象徴的な研究を紹介。ヒメツリガネゴケを使って植物の発生進化がどこまでわかったのかも解説する。
分類
471.2
著者紹介
<榊原 恵子>1973年生まれ。総合研究大学院大学にて博士(理学)取得。金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー博士研究員。専門は植物の発生進化。
出版年月
2016.2
ページ数
10,170p
件名
植物発生学 進化論
ページの上部へ