ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

江戸の本屋さん   -近世文化史の側面-

叢書名:
平凡社ライブラリー 685 
著者:
今田 洋三 著 
出版者:
平凡社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
日本の出版産業は近世に始まる。まずは京都の書林、やがて勃興する大坂、江戸出版界。そして、須原屋や蔦屋など本屋の新しい経営戦略…。出版産業の展開と文化史上の意味を明快に説き、近世という時代とその文化を見直す。
分類
023.1
著者紹介
1933〜98年。山形県生まれ。東京教育大学大学院修士課程修了。都立上野高校教諭、近畿大学教授などを務める。専攻は近世文化史・コミュニケーション史。著書に「江戸の禁書」など。
出版年月
2009.11
ページ数
268p
注記
日本放送出版協会 1977年刊の再刊
件名
出版-日本
ページの上部へ