ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

「雑誌『風俗画報』で楽しむ明治期の東京めぐり」展示解説パンフレット

著者:
日比谷図書文化館特別研究室 
出版者:
千代田区立日比谷図書文化館
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

ログインなしで読むことができます。


〔内容紹介〕
本作品は、明治期に発行された近代日本最初のグラフ誌『風俗画報』の紹介をテーマに、2016年1月より日比谷図書文化館特別研究室で開催された本作品と同名の企画展示(期間:2016年1月19日~3月20日)の展示解説パンフレットです。本パンフは、同企画展示のパネル・キャプションをもとに作成したものです。 明治22年(1889年)に創刊された『風俗画報』には、明治の東京を描いた美しい彩色石版画やモノクロの挿絵が掲載されており、明治期の東京の姿と、失われつつある江戸の面影、そして人々の生活の様子がうかがえます。本パンフレットでは、特別研究室所蔵の『風俗画報』の臨時増刊「新撰東京名所図会」から、明治・大正期の東京各地の様子を伝える石版画及び挿絵の数々をご紹介します。 図書紹介: 本パンフ掲載図書は、日比谷図書文化館4階の特別研究室で手にとってご覧いただけます。 <主な図書> すべて特別研究室にて手に取ってご覧いただけます。 『風俗画報臨時増刊 第123号~153号(新撰東京名所図絵第1~10編)』(東陽堂/1896・7年) 『風俗画報臨時増刊 第61号~162号(新撰東京名所図絵第11~14編)』(東陽堂/1897・8年) 『新撰東京名所図絵 第15~24編(風俗画報臨時増刊第173~207号)』(東陽堂/1898~1900年) 『風俗画報臨時増刊 第209号~236号(新撰東京名所図絵第25~31編)』(東陽堂/1900・1年) 目次: ・はじめに ・風俗画報 ―近代日本最初のグラフ誌 ・『風俗画報』の歴史的使命 ・「新撰東京名所図絵」の刊行 ・『風俗画報』表紙 ・麹町区 ・神田区 ・上野・浅草 ・日本橋・京橋 ・芝・深川
出版年月
2016.03
ページの上部へ