ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

はだしのゲンわたしの遺書

著者:
中沢 啓治 著 
出版者:
朝日学生新聞社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
原爆で父、姉、弟、妹を亡くした青年は、母の死をきっかけに戦争責任と原爆の問題に向き合う…。白内障で漫画家を引退し、肺がんをわずらう「はだしのゲン」の著者が、原爆の怖さと不屈の半生を、実体験をもとに語りつくす。
分類
K726.101
著者紹介
1939年広島市生まれ。45年小学校1年生のときに被爆。2009年漫画家を引退。講演活動を行い、原爆と戦争のおそろしさを訴え続ける。作品に「黒い雨にうたれて」「はだしのゲン」など。
出版年月
2015.7
ページ数
1コンテンツ
個人件名
中沢 啓治
ページの上部へ