ナビゲーションをスキップして本文へ

資料詳細

ぼくの一歩ふしぎだね   -川越文子詩集-

「ぼくの一歩ふしぎだね -川越文子詩集- (ジュニア・ポエム双書 153)」の書影イメージ
叢書名:
ジュニア・ポエム双書 153 
著者:
川越 文子 著  横松 桃子 絵 
出版者:
銀の鈴社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
収録作品「生まれる」は、映画などでも紹介された、思春期のバイブル的な作品。鏡を見つめるように自分の心を、周りを、見つめながら生み出された詩編。初めての少年詩集です。
分類
K911.56
著者紹介
<川越 文子>1948年岡山県生まれ。詩人・童話作家。著書に「坂道は風の通り道」「モモタとおとぼけゴンベエ」、詩集に「生まれる」など。
出版年月
2002.3
ページ数
89p
ページの上部へ