ナビゲーションをスキップして本文へ

資料詳細

65歳からの誤嚥性肺炎のケアと予防   -9割の人は持病では死なない!-

著者:
大谷 義夫 著 
出版者:
法研
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
高齢になるほど脅威を増す誤嚥性肺炎。腎臓病などの持病のある人の多くは、肺炎を合併して亡くなっている。呼吸器専門医が、その原因・ケア・予防・治療のすべてに答える。
分類
493.38
著者紹介
1963年東京都生まれ。群馬大学医学部卒。九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長などを経て、池袋大谷クリニック院長。医学博士。著書に「長引くセキはカゼではない」など。
出版年月
2017.11
ページ数
199p
件名
誤嚥性肺炎
ページの上部へ