ナビゲーションをスキップして本文へ

電子コンテンツ版『広島牡蠣とり帳』

2018年4月25日

2017年12月に広島県庁が配布を開始した、書いて味わうトリビア学習ドリルが、東広島市電子図書館の独自資料として電子コンテンツになりました!

『広島牡蠣とり帳』海野徹也/監修(広島県商工労働局観光課)
生産量日本一であり全国に誇れる広島牡蠣についての理解と愛着を深めてるため、牡蠣のトリビアを学びつつ「牡蠣」と書くのです。これ1冊が終わる頃には牡蠣への愛情倍増、そして「牡蠣」と漢字でかけるようになる!
はずです。
この資料はログインすれば貸出せずに読むことができます。
ぜひご覧ください。

ページの上部へ