ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

何かが来た

「何かが来た (21世紀空想科学小説)」の書影イメージ
叢書名:
21世紀空想科学小説 
著者:
東野 司 作  佐竹 美保 絵 
出版者:
岩崎書店
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
両親と妹とともに暮らす機械いじりの得意な少年・ユウセイ。ある日、地熱発電所で事故が起き、町の大人たちが「何か」に脳を乗っ取られていなくなってしまう。元に戻すただひとつの方法には、過酷な運命が待ち受けていて…。
分類
K913.6
著者紹介
<東野 司>1957年愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、86年「赤い涙」でデビュー。日本文藝家協会会員、日本SF作家クラブ第17代会長。著書に「展翅蝶」など。
出版年月
2013.7
ページ数
237p
ページの上部へ