ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

朝が来る

「朝が来る」の書影イメージ
著者:
辻村 深月 著 
出版者:
文藝春秋
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
「子どもを、返してほしいんです」 親子3人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、確かに息子の産みの母の名だった…。直木賞作家による感動長篇。
分類
913.6
著者紹介
1980年山梨県生まれ。「冷たい校舎の時は止まる」でメフィスト賞を受賞しデビュー。「ツナグ」で吉川英治文学新人賞、「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞。
出版年月
2015.6
ページ数
1コンテンツ
注記
底本:2015年6月刊
ページの上部へ