ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

子供の哲学   -産まれるものとしての身体-

叢書名:
講談社選書メチエ 
著者:
檜垣 立哉 著 
出版者:
講談社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
子供とは何か、妊娠によって他者をはらむ、あるいは産むこととは何か。子供である「私」という地点からはじまり、西田幾多郎、レヴィナス、ドゥルーズらの思考のあらたな可能性を探る。
分類
114.2
著者紹介
1964年埼玉県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。大阪大学大学院人間科学研究科教授。博士(文学)。専攻は現代フランス哲学など。著書に「ヴィータ・テクニカ」など。
出版年月
2013.1
ページ数
1コンテンツ
注記
底本:2012年刊
件名
人間論 生命倫理
ページの上部へ