ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

アンコールワットの「発見」(カンボジア篇)

著者:
アンリ・ムオ/大岩誠 
出版者:
まちごとパブリッシング
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
【The Discovery of Angkor Wat】 19世紀、なぞに満ちたインドシナの王国の奥地。その森のなかには地元の人たちのみが知るクメール芸術の至宝がたたずんでいた。フランス人旅行家アンリ・ムオ(1826-61)は、バンコクからカンボジア海岸部、首都ウドン、プノンペン、トンレサップ湖をへて、シェムリアップに到達。そこで見たアンコール・ワットの大伽藍を詳細に記述し、世界に紹介した。 その後、旅を続けたムオは、「冷王が森」を越えてラオスへ足を伸ばし、ついにルアンプラバンに達するが……。情熱に突き動かされて旅を続け、35歳の若さで生涯を終えた探検家の「魂の記録」が読みやすくなって3分冊で登場!! [電子書籍版]第2巻(『アンコールワットの「発見」』の11~20章まで)では、カンボジアの首都ウドンの様子、メコン河をさかのぼったベトナムとの国境地帯の森、トンレサップ湖の横断、そしてアンコール遺跡へ。クメールの至宝アンコール・ワットの姿が世界に伝えられることに。カンボジア篇を収録。 [電子書籍版]第2巻カンボジア篇の目次 第11章 カンボジア 第12章 首都ウドン 第13章 宣教師の美学 第14章 プノンペン 第15章 スティエン族 第16章 太湖トンレサップ 第17章 バッタンバン居住民と廃墟 第18章 アンコール・ワット 第19章 アンコール・トム 第20章 往時のカンボジア人 1939年に刊行された『シャム、カムボヂァ、ラオス諸王國遍歴記』(大岩誠訳/改造社)を改題して分冊、現代仮名遣いに変更。ムオのたどった道など、豊富な図版をあわせて。
ページの上部へ