ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

ストライカーのつくり方   -アルゼンチンはなぜ得点を量産できるのか-

「ストライカーのつくり方 -アルゼンチンはなぜ得点を量産できるのか- (講談社現代新書 2111)」の書影イメージ
叢書名:
講談社現代新書 2111 
著者:
藤坂ガルシア千鶴 著 
出版者:
講談社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
昔も今も良質のストライカーを次々と生み出すアルゼンチンが、どのような哲学に基づいて選手の指導・育成を行っているのかを実例とともに紹介。また、日本サッカー界がそこから何を学び取ることができるのかを考える。
分類
783.47
著者紹介
1968年生まれ。清泉女子大学英語短期課程卒業。ライター、翻訳家。アルゼンチンの首都ブエノスアイレス在住。スポーツ紙や専門誌に南米サッカーの情報を送り続けている。
出版年月
2016.10
ページ数
1コンテンツ
注記
底本:2011年刊
件名
サッカー
ページの上部へ