ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

命の対価   -独立系ニュース通信社の使命-

叢書名:
プラチナBOOKS 
著者:
山路 徹 著 
出版者:
主婦と生活社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
ミャンマーで殺害された長井健司をはじめとするAPF通信社は、「独立系」としてどのような環境で取材活動をしているのか。そしてその意義とは何か。戦争報道における日本メディアの実情を伝える。
分類
070.19
著者紹介
1961年生まれ。92年に日本初の独立系ニュース通信社、APF通信社を設立。ボスニア、カンボジア、ビルマなど、世界各国の紛争地帯で取材活動を続ける。著書に「真実の紛争地帯」など。
出版年月
2008
ページ数
1コンテンツ
注記
底本:2008年9月刊
件名
APF通信社
個人件名
長井 健司
ページの上部へ