ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

ジャポニスム   -流行としての「日本」-

叢書名:
講談社現代新書 
著者:
宮崎 克己 著 
出版者:
講談社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
19世紀に西洋を熱狂の渦に巻き込んだ日本ブームが、モダンな感性を生み出した。モネやゴッホといった著名な芸術家だけでなく、社会的な広がりの中でジャポニスムを考察。近代の美意識の源流として、日本の存在を位置づける。
分類
702.06
著者紹介
1952年生まれ。東京大学、パリ第4大学大学院などで美術史を学ぶ。ブリヂストン美術館副館長などを経て、昭和音楽大学教授。専門は美術史、文化交流史。著書に「ルノワール」など。
出版年月
2019.1
ページ数
1コンテンツ
注記
底本:2018年刊
件名
ジャポニスム
ページの上部へ