ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

ときめく縄文図鑑

叢書名:
Tokimeku Zukan+ 
著者:
譽田 亜紀子 文  新津 健 監修 
出版者:
山と溪谷社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
土偶、土器、首飾り…。「遺物」という形で残された縄文時代からのさまざまな贈り物を写真とともに紹介。それらの贈り物が、どのような暮らしのなかで生み出されたものなのか、縄文時代の流れと衣食住についても解説する。
分類
210.25
著者紹介
<譽田 亜紀子>岐阜県生まれ。京都女子大学卒。広告代理店等を経てライターに。トークイベント、テレビ、ラジオ出演等を通じて、土偶そして縄文時代について情報発信を行う。著書に「はじめての土偶」他。
出版年月
2016.12
ページ数
128p
件名
縄文式文化 遺跡・遺物-日本
ページの上部へ