ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

安政東海地震と大津波   -古文書から学ぶ-

「安政東海地震と大津波 -古文書から学ぶ-」の書影イメージ
著者:
志摩市教育委員会 編集  志摩市歴史民俗資料館 編集 
出版者:
志摩市教育委員会
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

ログインなしで読むことができます。


分類
369.31
出版年月
2013.3
ページ数
72p
件名
安政の地震 津波
図書館からのコメント
今からおよそ一六〇年前、嘉永七年十一月四日、五日と二日続いてマグニチュード8.4の大地震が発生しました。後に安政東海地震(十一月四日)、安政南海地震(翌五日)と名付けられたこの二つの大地震によって引き起こされた大津波で、志摩を始め鳥羽や南伊勢町などの海岸沿いの村々は大変な被害を受けました。本書では先人のメッセージを広く後世の人々に伝えていくことを目的に、『古文書にみる江戸時代の志摩2 安政東海地震と津波の遺訓』に収録されている「古文書」九点、志摩市と鳥羽市の三地区にある「石碑」に刻まれたことば三点を、更に読みやすく現代のことばに置き換えて紹介します。
ページの上部へ