ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

人工身体論   -あるいは糞をひらない身体の考察-

著者:
金塚 貞文 著 
出版者:
青弓社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
現代社会を挑発しつづける著者による身体論。負性の体験としての身体=排泄行為、排泄物、排泄器官の考察をとおして、水洗便所・糞便・アヌスの存在論を問い、現代文明の要請する情報身体=人工身体の位相を解読する。
分類
104
出版年月
1990.6
ページ数
172p
注記
創林社 1986年刊の再刊
件名
哲学 排泄
ページの上部へ