ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

東アジア歴史認識論争のメタヒストリー   -「韓日、連帯21」の試み-

著者:
小森 陽一 編著  崔 元植 編著  朴 裕河 編著  金 哲 編著 
出版者:
青弓社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
従軍慰安婦問題、靖国問題、竹島(独島)問題など、東アジアとりわけ韓日の歴史認識をめぐる対立は激化している。この局面を打開して真の和解をめざすために、韓日の有志が討論を重ねてきたシンポジウムの成果をまとめる。
分類
319.1021
著者紹介
<小森 陽一>東京大学大学院総合文化研究科教授。「九条の会」事務局長。 <崔 元植>仁荷大学校人文学部教授。「韓日、連帯21」代表。
出版年月
2008.11
ページ数
293p
件名
日本-対外関係-韓国-歴史
ページの上部へ