ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

写真、「芸術」との界面に   -写真史一九一〇年代-七〇年代-

叢書名:
写真叢書 
著者:
光田 由里 著 
出版者:
青弓社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
中平卓馬、福原信三、野島康三、村山知義、細江英公…。1910年代から70年代まで激動期を生きた写真家たち。写真史を精査し、社会状況を見定めながら芸術との界面に彼らが焼き付けた痕跡を探る写真評論。
分類
740.21
著者紹介
1962年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。渋谷区立松濤美術館学芸員。専攻は近・現代美術史、写真史。
出版年月
2006.6
ページ数
301p
件名
写真-日本 写真家
ページの上部へ