ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

アドルノ、複製技術へのまなざし   -<知覚>のアクチュアリティ-

著者:
竹峰 義和 著 
出版者:
青弓社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
大衆文化やメディアを徹底して批判したと言われるアドルノ。伝記や回想録、往復書簡からその評価を覆し、ラジオ・映画・テレビなどに社会問題に対するアクチュアリティの可能性を知覚していたアドルノのまなざしを再検証する。
分類
134.9
著者紹介
1974年兵庫県生まれ。埼玉工業大学、静岡文化芸術大学、武蔵大学非常勤講師。専攻は表象文化論、ドイツ思想史、映像メディア論。共著に「美のポリティクス」など。
出版年月
2007.7
ページ数
394p
件名
芸術 マス・メディア
個人件名
Adorno,Theodor Wiesengrund
ページの上部へ