ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

目の前にある光と影

著者:
松前 遼 著 
出版者:
吉備人出版
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
目の前の「それ」を描く…。身近な岡山の何気ない風景、旅先での印象、そして故郷岩国への郷愁など、目の前にある風景が著者の心を揺さぶる。力強い描画、光を写す繊細な色彩。不思議な懐かしさが漂う画集。
分類
723.1
著者紹介
昭和24年山口県生まれ。武蔵野美術大短期大学に進む。歯科技工士。著書に「爆音の駆け抜ける町」がある。
出版年月
2007.6
ページ数
56p
ページの上部へ