ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

素材は国家なり   -円高でも日本経済の圧倒的優位は揺るがない-

「素材は国家なり -円高でも日本経済の圧倒的優位は揺るがない-」の書影イメージ
著者:
長谷川 慶太郎 著  泉谷 渉 著 
出版者:
東洋経済新報社
コンテンツタイプ:
電子書籍(フィックス)
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
産業の中核をなす「素材」を支配する日本に、黄金期がやって来る! 鉄鋼業の大革命や新型パワー半導体の話など、最新技術の話を織り込みながら、1ドル60円時代の国家戦略について考える。
分類
501.4
著者紹介
<長谷川 慶太郎>1927年京都市生まれ。国際派エコノミスト。「世界が日本を見倣う日」で石橋湛山賞を受賞。 <泉谷 渉>神奈川県出身。株式会社産業タイムズ社代表取締役社長兼編集局長。日本半導体ベンチャー協会理事。
出版年月
2011.10
ページ数
207p
件名
工業材料 技術-日本
ページの上部へ