ナビゲーションをスキップして本文へ
詳細検索

資料詳細

幕臣たちの明治維新

叢書名:
講談社現代新書 1931 
著者:
安藤 優一郎 著 
出版者:
講談社
コンテンツタイプ:
電子書籍(リフロー)
音声読み上げ
  • Windows対応
  • Mac対応
  • iOS対応
  • Android対応

〔内容紹介〕
徳川家臣団3万人はどこへ消えたか-。明治維新という変革の時代を、敗者として生きなければならなかった徳川家家臣つまり幕臣たちが、どのように生き続け、何を感じ、明治という時代をどう見ていたかを明らかにしていく。
分類
210.61
著者紹介
1965年千葉県生まれ。歴史家、文学博士。NHK文化センター、東京理科大学生涯学習センター講師などを務める。著書に「江戸の養生所」「観光都市江戸の誕生」「徳川将軍家の演出力」など。
出版年月
2017.3
ページ数
1コンテンツ
注記
底本:2008年刊
件名
明治維新 旗本 御家人
ページの上部へ